プロペシアを分割して飲むことは危険

プロペシアを分割して飲むことは危険である

プロペシアはAGA治療に対して効果的ではありますが、お値段が効果であるということがネックになっている方も多いことでしょう。
日本国内でプロペシアを手に入れる場合にはAGA治療を行っている病院などで医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。
ですが保険診療の適用外となってしまいますし、また海外の薬ですので高額になってしまいます。
医療機関によっても値段は違いますが基本的にプロペシアのお値段は高額です。
ですので使用したくても値段がネックになって購入できないという方も多いことかと思います。

プロペシアの用法・容量

またプロペシアを購入したり処方されても決まっている用法容量を守って飲むとなくなってしまうのが早くまたすぐに処方をしてもらう必要があるため、もったいないのでピルカッターなどを使用して分割して飲もうと考えるような方も出てくるようですね。
確かに分割して飲めば1回当たりの金額を抑えることはできるでしょう。
でもそれはやめてほしいんです。

プロペシアは女性にとって危険
プロペシアは絶対に女性には処方されません。 男性にとってプロペシアは有効的な処方薬です。 男性型脱毛症、AGAに対して悩んでいる男性にとってプロペシアを飲むということは男性型脱毛症の改善、解消につながりますし、効果的である薬となっています。 ですので成人男性が男性型脱毛症に悩んでAGA治療を行うというような場合には、医師からプロペシアを処方されることでしょう。
まず分割をしたとしても効果の方は大丈夫でしょう。
プロペシアにはコーティング剤がありますが、分割をしたせいでそれがはがれてしまったとしても錠剤の品質の維持のためなので大丈夫です。
ですが、危険性として、分割をして空気に触れることによってプロペシアの中に含まれている有効成分であるフィナステリドが飛び散るのです。
そして周囲にいらっしゃる人の体内へと入り込む可能性がでてきます。

プロペシアの女性の服用

成人男性がこのフィナステリドを体内へ入れることは問題ないですしAGAに効果的なのですが、女性にとったら危険なものでしかないんですね。
女性がその錠剤に対して触れただけで皮膚から成分を摂取してしまい、体内に成分が入り込んでしまいます。
そしてもし女性が妊娠していた場合には胎児の生殖器異常を引き起こしてしまう可能性も出てきます。
費用削減のためという考えもわかりますが、周囲のことを考えると絶対にやめてほしいことですので注意するようにして下さい。