プロペシアの個人輸入を行うことは危険

プロペシアの個人輸入を行うことは危険である

男性型脱毛症の治療薬、プロペシアは海外の薬なんですね。
米国で使用されている医療薬となっています。
男性型脱毛症、AGAは遺伝やホルモンの関係で起こる症状であると考えられており、その対策としてプロペシアが効果的であるとされています。

プロペシアの処方

そんなプロペシアを手に入れるためには日本では病院で処方をしてもらうという方法があります。
病院を受診して処方してもらわないと手に入れることができないということなんですね。
ですが医師による処方だけでなくプロペシアを手に入れる方法があります。
それが個人輸入を行うという方法なんです。
プロペシアは海外で作られているものですから輸入をする必要があるんですね。
個人輸入を行う場合には安い価格でプロペシアを手に入れることができるとされています。
やはり高価なものですから安い価格で手に入ると聞けば魅力的に感じることでしょう。
ですが安価にプロペシアを個人輸入で手に入れるということには危険性も潜んでいるので注意が必要です。

プロペシアの並行輸入

安い価格のプロペシアを個人輸入で手に入れた場合リスクも伴います。
例えばAGAに対して効果的でプロペシアに含まれているフィナステリドという成分の配合有無が確かではない、確実に含まれているというわけではないケースもあるということ、そしてまた日本では認可されていないけれど海外では認可されているというような成分が含まれている可能性があり、その安全性が保障されていないということなどがあげられます。
またほかにもリスクとして、医師の診察を受けずに手に入れて服用するので例えば他に疾患のために服用している薬がある場合には飲み合わせを考慮されずに危険を伴う可能性もあるということや、また診断を受けて処方されるというわけではないのでその症状に対した処方がされないというようなことがあげられます。

ですので個人輸入でプロペシアを購入するのはお勧めできません。
偽物を購入してしまうというような可能性もあります。